元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが、シーアを迎えたニュー・シングル「ダスク・ティル・ドーン」を2017年9月8日(金)に発表。ミュージック・ビデオも同時公開した。ゼインのソロ活動マーク・ウェブ ダスク・ティル・ドーン (500)日のサマー|写真12015年3月にグループを脱退し、翌2016年1月にソロ・デビューを果たしたゼイン。シングル「ピロウトプラダスーパーコピーーク」、アルバム『マインド・オブ・マイン』いずれも全米・全英チャートで初登場1位を獲得した。その後も、テイラー・スウィフト、クリス・ブラウン、アッシャー、M.I.A.といった様々なアーティストとのコラボレーション曲を発表。

これまで、アメリカン・ミュージック・アワード<ニュー・アーティスト・オブ・ジ・イヤー>やビルボード・ミュージック・アワード<トップ・ニュー・アーティスト>などに受賞しており、さらに先日行われた音楽授賞式 MTVヴィデオ・ミュージック・アワードにおいて、テイラー・スウィフトとの共演作「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」が<ベスト・コラボレーション>を獲得し注目を浴びた。新曲ではシーアとコラボレーションマーク・ウェブ ダスク・ティル・ドーン (500)日のサマー|写真1来るセカンド・アルバムからのファーストシングルとなる「ダスク・ティル・ドーン」。本曲はゼインとシーアに加え、アデルやフー・ファイターズの新作を手がける音楽プロデューサー、グレッグ・カースティンによる共作だ。ゼインのボーカルで幕を開け、壮大なサビに向かって、ゼインとシーアという2つの唯一無二な声が1つになっていく。MVを手掛けたのは『(500)日のルイヴィトンケースコピーサマー』のマーク・ウェブミュージック・ビデオは、映画『(500)日のサマー』などで知られるマーク・ウェブが監督を務めた。運び屋として組織の追手をかいくぐるも徐々に追い込まれるゼインの姿が描かれており、アメリカの人気TVシリーズで人気の女優、ジェマイマ・カークが彼の相手役を務めている。まるで映画のような壮大なスケールのミュージックビデオにも注目だ。【詳細】
ゼイン feat. シーア 「ダスク・ティル・ドーン」
リリース日:2017年9月8日(金)